NEWS

フジテレビでは、3月16日(土)21時から土曜プレミアム枠にて、2021年に全米をはじめ世界各国で公開、日本でも2022年に公開された『SING/シング:ネクストステージ』を地上波初放送することが決定!『ミニオンズ』、『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』など、世界中で愛される作品を生み出し続けるアニメーション・スタジオ、イルミネーションが制作した大ヒット映画『SING/シング』の続編。とびきりゴージャスできらびやかな大都会を舞台に、何度つまずいても夢に一途な主人公バスター・ムーンと、新たな仲間が最高の“ミュージック・エール”をお届けします!

そして3月15日(金)には、『SING/シング』以来7年ぶりの完全オリジナルストーリーで贈るイルミネーション最新作『FLY!/フライ!』の公開も控えています。小さな池で暮らすカモの一家の初めての旅を笑いと興奮で描いた最新作は、豪華な日本語吹替キャストの集結も相まって、今大きな話題となっています。3月15日(金)、そして16日(土)の2日間、イルミネーションが日本中を大きな感動で包み込みます!

誰もが知る名曲やヒットソングを満載して描いたミュージカルコメディーアニメ映画『SING/シング』。2017年に日本で劇場公開され、最終興行収入50億円突破、週末動員数4週連続1位など驚異的なヒットを記録した。声優は主人公バスター・ムーンを演じるマシュー・マコノヒーをはじめ、スカーレット・ヨハンソン、タロン・エガートン、リース・ウィザースプーンら豪華キャストが集結し、映画『SING/シング:ネクストステージ』では伝説のロック歌手・ライオンのクレイ役を世界的ロックバンド・U2のボノが務めました。
また日本では世界で唯一の全編吹替版が制作され、シリーズ通して主人公を演じる内村光良をはじめ、MISIA、長澤まさみらが声を担当。そしてクレイ役を、声優初挑戦となったB’zの稲葉浩志が務め、大きな話題を呼びました。

前作の魅力に加えて、ライブ感あふれるパフォーマンスも盛り込まれパワーアップした映画『SING/シング:ネクストステージ』は3月16日(土)21時から放送です!お楽しみに!

番組概要
<土曜プレミアム>映画『SING/シング:ネクストステージ』

■放送日時
3月16日(土) 21時~23時10分(一部地域を除く)

■出演者
バスター・ムーン:マシュー・マコノヒー/内村光良
ミーナ:トリー・ケリー/MISIA
アッシュ:スカーレット・ヨハンソン/長澤まさみ
ジョニー:タロン・エガートン/大橋卓弥(スキマスイッチ)
グンター:ニック・クロール/斎藤 司(トレンディエンジェル)
ポーシャ:ホールジー/アイナ・ジ・エンド
ヌーシー:レティ―シャ・ライト/akane
ロジータ:リース・ウィザースプーン/坂本真綾
ミス・クローリー:ガース・ジェニングス/田中真弓
ジミー・クリスタル:ボビー・カナヴェイル/大塚明夫
ダリウス:エリック・アンドレ/木村 昴
ナナ:ジェニファー・ソーンダース /大地真央
クレイ・キャロウェイ:ボノ/稲葉浩志(B’z)

■スタッフ
監督・脚本:ガース・ジェニングス
製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
音楽:ジョビィ・タルボット

この度、『FLY!/フライ!』の公開を記念して、カモ一家のキュートな妹ガモ・グウェンが全国各地を飛び回り、お散歩することが決定しました!!

2月17日(土)より全国を飛び回り、ショッピングモール内をお散歩します!
グウェンと一緒に記念写真を撮れるよ!さらに、映画オリジナルシールも配布決定!

パパとママの元を離れて一匹で頑張るグウェンを応援してね!

【映画『FLY!/フライ!』公開記念 グウェンとお散歩しよう! スケジュール】
〇2月17日(土) 福岡県 ゆめタウン飯塚(シネマサンシャイン飯塚)
〇2月17日(土) 愛知県 エアポートウォーク名古屋(ミッドランドスクエア名古屋空港)
〇2月24日(土) 福岡県 ららぽーと福岡(TOHOシネマズ ららぽーと福岡)
〇2月24日(土) 神奈川県 テラスモール湘南(109シネマズ湘南)
〇3月3日(日) 広島県 イオンモール広島府中(広島バルト11)
〇3月3日(日) 静岡県 ららぽーと沼津(シネマサンシャインららぽーと沼津)
〇3月10日(日) 兵庫県 テラッソ姫路(アースシネマズ姫路)
〇3月10日(日) 神奈川県 ラゾーナ川崎プラザ(109シネマズ川崎)
〇3月16日(土) 兵庫県 神戸ハーバーランドumie(OSシネマズ神戸ハーバーランド)
〇3月17日(日) 神奈川県 ビナウォーク(TOHOシネマズ海老名)
〇3月20日(水・祝) 大阪府 イオンモール大日(イオンシネマ大日)
〇3月24日(日) 大阪府 アポロビル/ルシアスビル(あべのアポロシネマ)
〇3月24日(日) 東京都 アリオ亀有(MOVIX亀有)

※開催地の追加・変更がある場合は、本ニュースページやイルミネーション公式Xで更新します。
※グウェンのお散歩タイム等詳細は、各開催地のホームページやSNSをご確認ください。

【注意事項】
・やむを得ない事情により、開催会場や開催時間が変更となる場合があります。
・会場の状況により、展開内容が変更となる可能性がございます。
・安全な運営のため、運営スタッフの指示に従っていただきますようご協力をお願いいたします。
・来場者同士および来場者と第三者間の事故・トラブルなどに関しまして、主催者は一切責任を負いません。

この度、映画『FLY!/フライ!』の豪華声優陣が一同に会す日本語吹替版キャスト報告会イベントを開催しました。堺雅人さん・麻生久美子さん・池村碧彩さん・ヒコロヒーさん・羽佐間道夫さん・関智一さんと、まさに色“鳥”どりの豪華キャスト&声優陣が登壇しました!

始めに、神経質だけどピュアで家族思いな父ガモのマック役を務めた堺雅人さんは「なかなか経験することないカモ役ということで、とても楽しく収録することが出来ました。ぜひ皆さんにも楽しんでいただきたいなと思います。今日はよろしくお願いします。」、続いて明るく頼れる家族の要、母ガモのパム役を務めた麻生久美子さんは「今日は雪が降りそうなお天気の中、お集まりいただきありがとうございます。家族で大好きなイルミネーションの作品にまさか自分が声で参加させていただけるなんて夢にも思わず、とても貴重な経験をさせていただきました」、一家が旅の道中で出会うニューヨークのハト集団のリーダー、チャンプ役を務めたヒコロヒーさんは「ニューヨークのハト集団のリーダーという自己紹介を人生ですることがあると思っておらず(笑)大変光栄な気持ちでいっぱいです」、いつも元気いっぱいお転婆でキュートな妹ガモ、グウェン役を務めた池村碧彩さんは「性格もお顔もグウェンに似ていると思うので、グウェンになれてとっても嬉しいです!今日はよろしくお願いします」、トラブルメーカーとして悪気なく一家を振り回してしまうものの、どこか憎めないダンおじさん役を務めた羽佐間道夫さんは「こんにちは、羽佐間道夫です。なんと池村さんと83歳も違います(笑)今日はよろしくお願いします」、故郷のジャマイカを恋しく想う陽気なオウムのデルロイ役を務めた関智一さんは「陽気で元気なデルロイの役ということで、アフレコも凄くパワーを使って大変でしたが、楽しみながら演じさせていただきました。今日はよろしくお願いします」とそれぞれに挨拶。

これまで様々な映画やドラマに出演している堺さんですが、本作でまさかのカモ役ということで受けようと思った理由について聞かれると「それはもうカモ役だからですよ!カモ役なんてなかなか出来ないですからね。カモ役やってみたかったからです!なるべくカモを食べないようにと思っていたのですが、意識すればするほど目に入ってしまい収録中に4回ぐらいカモ料理を食べてしまいました!」と力いっぱいに回答。また、初めての旅を通してカモ一家それぞれが自分の新たな一面を発見して成長してくストーリーも見どころですが、自身が俳優として大きく成長出来たと感じたタイミングについて聞かれると「それぞれの作品で新しい経験をさせてもらっていて、それがなかったらなるべく挑戦せず平穏無事に現状維持でやっていくタイプなので、作品を通して色々なところに連れて行っていただけるおかげで成長させていただいているなと感じます」と回答。

続いて、私生活でも子供を持つ母親の麻生さんが、子供が成長を実感する時について聞かれると「最近背も伸びて、一緒に寝ていても身体が大きくなったなという見た目の部分も感じますが、下の子が小学生になって、それまでは親が付き添っていたのに、一人で電車に乗ったり色々な行動が出来るようになって、いつの間にかしっかりしてきたなと感じています」とパムと同じく母親としての想いを明かしました。

また、小さいながらもお兄ちゃんのダックスを勇気づけたり、家族の原動力でもある一家の最年少で好奇心旺盛なグウェンの吹替に初挑戦した池村さんが、演じてみての感想について聞かれると「初めて声優さんに挑戦してみて、最初は上手に合わせられるかなってドキドキしてたけど、実際に始まってグウェンになりきったらすっごく楽しくてあっという間に終わってしまいました」と答え、あまりのキュートさに会場もメロメロ。

その姿に、羽佐間さんも思わず「まいったな、恋をしたよ。こんな可愛い子が世の中にいるのかと思いました(笑)」と微笑ましく思わずほっこりするやり取りを披露。レジェンドからの誉め言葉に喜びつつ、池村さんが「羽佐間さんは色々な作品に出演していて、毎回違う世界に入るためにどうしてますか?」と大人も顔負けのプロ目線な質問をすると、その秘訣は<百面相>だとアンサー。しかし、思いもよらぬ難しい回答に「百面相ってどういう意味?」と純粋な疑問を投げかけ、堺さんが池村さんに分かりやすいように丁寧に優しく説明する場面も見られました。

今回、ヒコロヒーさんが演じるチャンプは、NYのワルなハト集団を束ねるリーダーという役どころ。初挑戦となる吹替について、オファーが来た時の感想について聞かれると「やったことがないことなので、おっかないなと正直思いました」と不安な部分があったことを明かしましたが、チャンプと同じくカモ一家の旅を支えるオウム・デルロイを演じた関さんが「演じてらっしゃるものを拝見してとてもピッタリだなと思いました」と声優の先輩としてヒコロヒーさんの演技を賞賛しました。

ドキドキしたまま旅立った渡り鳥のカモ一家は旅先で様々な体験をしますが、これまで自身が行った旅行先での印象的なエピソードや失敗談などについて聞かれると堺さんは「旅はたいていひどい目に遭っていますね。去年モンゴルで撮影した時にトイレは水洗がほとんどなくて驚いたのと、後はハードコンタクトレンズの保存液って日本以外ではほとんど売っていないようで、マネージャーが16時間往復して保存液を調達するという大変な思いをしていました。皆さんも海外旅行に行かれる際はお気をつけください」と驚きのエピソードを披露!麻生さんは「若い時に道後温泉に友人と旅行に行ったのですが、夜に畳の部屋でトランプで勝って嬉しくて喜んでいたら、畳のヘリに爪が引っかかって親指の爪が全て剥がれました」という恐ろしいエピソードで明かし、会場をひんやりとした恐怖に包みました。

また、ヒコロヒーさんは「一人でよく海外にいくのですが、初めてNYに行った時に散髪してみようと美容院に行って『髪を明るくしたい』とリクエストしたら、日本人は細かく要望をすることが多いからそんなに端的に伝えるなんてニューヨーカーみたいと言われてちょっとウキウキしました(笑)でも、アメリカの強力なブリーチで髪が真っ白になってちょうどサングラスもかけていたので、鏡を見たら内田裕也さんになっていました」とまさかのNYでロッカーに変身していたという貴重な旅のエピソードを語りました。

カモ一家の初めてのチャレンジにちなみ、今年の抱負を聞かれた池村さんは「私は縄跳びが好きで前跳びを110回跳べるのですが、今年は500回か1000回を目指したいと思います!」と小学生ならではの目標を明かし、羽佐間さんは「90歳の前後で亡くなる方が多いので、何とか91歳まで生きたいと思います。105歳で床屋さんやっているおばあちゃんも見たので、長生きしたいです」、関さんは「いつも目標を決めて頑張っていたのですが、高田純次さんがTVで何の意味もなく生きるぞ!と宣言していたのを見てなんだか感銘を受けて。気楽に生きてみるっていうのも素敵だなと思い、今年は何の目標も決めずに生きていこうと思います」とそれぞれに今年の抱負を明かしました。

トークセッションの最後に、公開を楽しみに待っているファンへのメッセージを聞かれると麻生さんが「マガモの一家が初めての渡りをするという大冒険のストーリーになっているので、色んな方に楽しんでいただける作品になっているかと思います。旅を通して子供の成長だったり家族の絆、一歩踏み出す勇気を感じていただける作品になっているのかなと思います。ぜひ沢山の方に見ていただきたいです」、堺さんが「やればやるほど、台本を読めば読むほど参加すればするほど家族の登場人物の一人一人が本当に好きになっていくんです。なんでこんなに惹かれちゃうんだろうと思うぐらい、どんどん好きになっていく物語です。皆さんもぜひご覧になって登場人物たちを好きになってください」と挨拶。


もうすぐバレンタインデーということでフォトセッション時にキャスト陣へサプライズで『FLY!/フライ!』オリジナル“特大”チョコケーキがプレゼントされると、池村さんから「雅人さんはバレンタインの時に一番多くて何個くらいのチョコをもらったことがありますか?」と聞くと、堺さんが「3個かな。一つ一つを大切に食べました」とバレンタインの思い出を振り返り、終始和やかなムードに包まれたままイベントは幕を閉じました。

この度、先日のカモ一家の吹替を担当する豪華なキャストたちに続き、彼らの旅を素敵に彩る追加キャストの8名が解禁されました!

ダンおじさん役 羽佐間道夫
エリン役 野沢雅子
デルロイ役 関智一
グーグー役 鈴村健一
キム役 芹澤優
ジョー役 谷山紀章
エリー役 喜多村英梨
グーグーの仲間役 愛河里花子

トラブルメーカーとして悪気なく一家を振り回してしまうものの、どこか憎めないダンおじさん役にはシルヴェスター・スタローン、アル・パチーノを始めとした長年数多くのハリウッドスターの吹替声優を務める羽佐間道夫さん、一家が旅の途中で出会う不気味で年老いたサギのエリンを演じるのは、「ドラゴンボール」シリーズの孫悟空、孫悟飯、孫悟天、「ゲゲゲの鬼太郎」の鬼太郎など言わずと知れた数多くの国民的アニメで主役を務める野沢雅子さん、NYのハトのリーダーチャンプの友人で、故郷のジャマイカを恋しく想いながら人間のペットとして生活するオウムのデルロイ役には、「機動武闘伝Gガンダム」ドモン・カッシュ、「ドラえもん」スネ夫、など子供向けから大人向けまで幅広い作品で活躍する関智一さん、ヨガトレーナーとして仲間のアヒルたちのメンタルを整えるアヒルのグーグー役には「機動戦士ガンダム SEED DESTINY」のシン・アスカや「銀魂」の沖田総悟などその甘いイケメンボイスでファンを虜にする鈴村健一さんがあたります。
更には、一家が冒険に出るキッカケとなった渡り鳥家族の娘キム役を「プリパラ」南みれぃ役の芹澤優さん、キムの父親ジョー役を「進撃の巨人」ジャン役の谷山紀章さん、キムの母親のエリー役を「青の祓魔師」神木出雲役の喜多村英梨さん、そしてグーグーの仲間役として「サザエさん」2代目タラちゃん役や、「ポケットモンスター」シリーズのコダック役を務める愛河里花子さんが演じるなど、人気声優陣がユニークで魅力溢れる愛らしい本作のキャラクターたちに命を吹き込むことになりました!

■コメント
羽佐間道夫(ダンおじさん役)
久し振りに、上等な気品のある作品に接することが出来ました。私が吹替を担当したダンおじさんは、カモ一家の叔父さんですが、どの血筋なのかは分かりませんが一家をこよなく愛している、特に子ガモのグウェンが可愛くて仕方のない、おじさんです。今世界はあちこちで、血なまぐさい環境にありますが、それぞれの権力者に、是非観て貰いたい映画の、代表作だと感じました。参加できたことを光栄に感じています。

野沢雅子(エリン役)
エリン役の野沢雅子です。
エリン大好き!とっても面白いわよ。
公開までワクワクして待っていてください、観たら楽しくて笑顔になれるから。お楽しみに!

関智一(デルロイ役)
「変化を恐れずに頑張ろう」というメッセージが詰まったハートフルな作品ですが、僕も職業柄大切に思っていることなので、とても共感できました。
故郷のジャマイカを懐かしみ、帰れることへの期待でテンションが高まっているデルロイでしたので、収録を終えた直後は本当に疲れて、かすかに酸欠で頭が痛くなりました(笑)
初めて檻から出て、みんなで空を飛んでいる場面の時に、自分も空を飛んでいるような感覚で演じたらとても気持ちが良かったので、実際にできないことを体験できた爽快さもあります!
すごく小さなかわいいカモちゃんが頑張っていますので、劇場で一緒に応援して、羽ばたいてもらえると嬉しいです。

鈴村健一(グーグー役)
僕が声を演じたグーグーは、とある場所でヨガの行者として同じアヒルの仲間達のメンタルを整える存在。物語の中でいろんな表情をみせてくれるとても面白いキャラクターです。一家の大冒険を通して、家族の絆が深くなっていく物語ですが、自立すること、それを支える親の気持ちなど胸に迫るものがあります。家族みんなで観てもらいたい作品ですね!僕も子供と一緒に楽しみたいと思います。

 

『FLY!/フライ!』があなたの“はじめて”を応援!12月22日(金)から素敵なプレゼントキャンペーンがスタート!

12月22日(金)正午より、カモの一家の冒険を通して初めての一歩踏み出す勇気や大切さを描く本作に因み、あなたの“はじめて”を応援するムビチケ前売券(オンライン)購入者限定のキャンペーンを実施。このキャンペーンでは、今まできっかけがなくて一歩が踏み出せなかったことや、この春から新たにやってみたいことなどを募集。抽選で10名様に、新生活にぴったりな様々なギフトが贈られます。このキャンペーンをきっかけに、カモの一家と同じように新たなチャレンジに挑戦をしてみるのはいかがでしょうか?

あなたの“はじめて”を応援します!プレゼントキャンペーン
※本キャンペーンは12月22日(金)正午よりスタート致します。

この度、日本語吹替版の豪華声優陣が決定し、豪華声優陣の吹替えによる本予告映像が完成!合わせて、コメントが到着しました!

神経質だけど、ピュアで家族思いの父親
マック役 堺雅人

明るく頼れる家族の要の母親
パム役 麻生久美子

好奇心旺盛な兄
ダックス役 黒川想矢

元気いっぱいでおてんばの妹
グウェン役 池村碧彩

NYのワルだけど、仲間想いなハト集団のリーダー
チャンプ役 ヒコロヒー

堺さんが演じるのは、カモ一家の父親マック。とても家族思いで常に家族のことを一番に考えていますが、ちょっと神経質な一面も。今回の旅も最初は消極的でしたが、家族の強い希望に根負けし、遂に人生で初めての大きな一歩を踏み出します。麻生さんが演じるパムは、明るく頼れる家族の要。ちょっと気弱なマックを勇気づけ、家族のピンチを幾度も救う頼りがいのある母。黒川さん演じるダックスは好奇心に溢れ、自立に憧れる兄。家族の住む池にやってくる渡り鳥たちを見る度に、「いつか旅に出たい!」という思いが日に日に大きくなっていきます。池村さん演じるグウェンは、いつも元気いっぱいでおてんばな妹。彼女の溢れんばかりの無邪気さは、時に家族を困らせますが、たまらなくキュートなその表情に誰もが心を奪われてしまいます。そしてヒコロヒーさん演じるチャンプは、一家が旅の道中で出会うハト集団のリーダー。小さい体に似合わないギョロっとしたその目で睨みを効かせるその姿は、正にワルの親分そのものですが、実は仲間想いな一面も。

豪華なキャスト陣が命を吹き込む、イルミネーションが生み出したユニークで魅力あふれるキャラクターたち。素敵な出会いと数々の冒険に彩られたカモ一家の初めての旅路に、期待せずにはいられません!

■コメント
堺雅人(マック役)

カモ役なんて実写では絶対できないので、お話を頂いた時、これはまたとない機会だぞ!と喜んでやらせて頂きました。私の演じたマックは、少し能天気なところがありますが、何があっても引きずらないところが魅力です。そしてもの凄く妻と家族を愛しているすてきな父ガモです。是非、大きなスクリーンで彼らが大空を舞うシーンを見て下さい。本当に自分が飛んでいるような気分になれますよ!

麻生久美子(パム役)

イルミネーション作品は家族で大ファンなので、お話を頂いた時に凄く嬉しくて、大興奮してしまいました!私の演じたパムは、明るくて前向きな家族のリーダー的存在で、彼女がそこにいると、皆が自然と集まってくるような太陽のような母ガモです。この映画は、カモ一家の初めての旅を描きながら、一歩踏み出す勇気の大切さを描いています。新しいことにチャレンジしようと思っている方にぴったりの作品になっていますので、是非劇場でご覧下さい!

 

併せてこの度解禁された本予告編は、紅葉が生い茂る秋の森林に暮らすカモの一家が、ある時晴天の大空を舞いながら湖のほとりに舞い降りた“渡り鳥”と思いがけない出会いをするところから始まります。大空を自由に飛び回る渡り鳥たちの姿をみた、明るい母親パム(声・麻生久美子)は「みんなで外の世界を見てみたい!」と夫のマック(声・堺雅人)に懇願するも、「そんなの必要ないさ」と後ろ向きなご様子。そんな姿を見てパムは「あなたは臆病よ!一度くらい冒険しましょ!」と一喝。不安に思いながらも、家族からの期待を無下に出来ないマックは、重い腰を上げ、渡りを決心することに。父マックの「レッツ、フライ!」という掛け声と共に、勢いよく水面を飛び立つ一家は、草木が生い茂る森を突き抜け、一面に広がる大空と、眼下に広がる雄大な自然を前に、好奇心旺盛な兄ダックス(黒川想矢)と、元気いっぱいの妹グウェン(池村碧彩)はおおはしゃぎ!生まれて初めての大冒険へ向けて、カモ一家が大空へ羽ばたきます!

最新映像には、「こんな危険な街の中を通れっていうのか!?」と、突如たどり着いた大都会のビルや橋、往来する自動車の間をすり抜けながら、大勢の料理人が行き交う厨房を間一髪で逃げ切るカモ一家など、手に汗握るスリル満点のシーンの連続。「一歩踏み出すのは怖いかもしれない。でもその価値はあるわよ」というパムの台詞通り、外の世界を始めて知った家族の冒険と成長を笑いと感動で包み込む、期待溢れる最新予告編に仕上がっています!

この度、大空をカモの一家が羽ばたく本作のボスタービジュアルとムビチケ特典が解禁となりました!

この度解禁されたのは、日本からのアイディアとリクエストに応える形で、ハリウッドのスタジオが書き下ろしたオリジナルのポスタービジュアル。渡り鳥なのに一度も移動をしたことがないカモ一家が、初めての大冒険へ向けて美しい大空を輝かしい表情で羽ばたく様子がデザインされています。「じっとしていたら“はじめて”と出会えない。」という、一歩踏み出す“勇気”をもらえるようなキャッチコピーとともに、ちょっと神経質だけどピュアで家族思いな父親のマック、明るく頼れる家族の要の母親パム、好奇心旺盛な兄のダックスと元気いっぱいでおてんばな妹のグウェン、そしてトラブルメーカーとして時折波乱を巻き起こすものの、どこか憎めないダンおじさんの姿が収められています。彼らが勇気を出して向かう先は、遠い異国の地ジャマイカ。想像を超える高い山、海の匂い、そして人間たちがせわしなく暮らす大都会など、初めて目にするものばかりの道中は、素敵な出会いと思いもよらぬトラブルだらけ。個性豊かなカモ一家の大冒険に、期待が高まるビジュアルとなっています。

 

【数量限定】オリジナルキーチェーン付ムビチケ前売券(カード)12/22(金)より発売決定!
さらに、12月22日(金)より発売となる、ムビチケ前売券(カード)特典のオリジナルキーチェーンのビジュアルも到着!飛び立つ家族をモチーフにした全5種類・数量限定のここでしか手に入れることの出来ないキュートなレアアイテムとなっており、豪華な体験が抽選で当たるキャンペーンも実施。詳しくは公式サイトを確認のうえ、この機会に是非キーチェーンをゲットいただき、本作のようにマックやグウェンたちと一緒に様々な場所へ冒険に行ってみてはいかがでしょうか。

『ミニオンズ』シリーズや『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』など数多くのヒット作を手掛け、世に生み出し続けるイルミネーションならではの観客の心を浄化するほどの圧倒的な映像美で、ニューイングランドからジャマイカへ危険と驚きに満ちた約3000kmの旅を描く本作。外の世界を始めて知った家族の冒険と成長を笑いと感動で包み込む、映画『FLY!/フライ!』の続報に今後もご注目ください!

■ムビチケ前売券(カード)情報

オリジナルキーチェーン付(数量限定・全5種)
ムビチケ前売券(カード)12月22日(金)より発売開始
一般:1,600円(税込) 小人:900円(税込) 親子ペア:2,400円(税込)

※イメージ画像になります。
※キーチェーンは一般・小人券にはそれぞれ1枚につき1つ、親子ペア券には2つ付きます。
※キーチェーンは無くなり次第、ムビチケ前売券(カード)のみの販売となります。
※キーチェーンの種類は選べませんので何卒ご了承ください。
※お取り扱いは各劇場にてお問合せください。

渡り鳥なのに一度も移動したことがない、カモ一家が約3000キロの大冒険に飛び立つ!イルミネーションならではの圧倒的な映像美に魅了される特報を解禁いたします!

 

 

 

この度初解禁となった30秒の特報映像では、『ミニオンズ』シリーズを始め世界中でヒット作を連発し続けるイルミネーションならではの圧倒的な映像美とともに、渡り鳥なのに一度も移動をしたことがない愛らしいカモ一家の初めての旅路の一端が映し出されています。
父・マックによる「レッツ、フライ!」という勇ましい掛け声と共に、これから始まる大冒険へ向けて勢いよく水面を飛び立つ一家は、草木が生い茂る住み慣れた故郷を迷いなく突き抜け、天高く舞い上がります。
一面に広がる美しい大空と、眼下に広がる雄大な自然。およそ3000キロにも渡る初めての長旅の先には、果たしてどんな大冒険&大ハプニングが待ち受けているのでしょうか!?本編の仕上がりに期待が高まる特報映像に仕上がっています。

スリルとユーモアが随所に散りばめられ、観客の心を笑いと感動で包み込む心温まる本作の続報に注目いただきつつ、来年3月15日(金)の公開まで楽しみにお待ちください。

大ヒット作『ミニオンズ』『怪盗グルー』『SING/シング』『ペット』シリーズを生み出し、全世界累計興行収入約13億3000万ドル(約1908億円)を記録し、今なお快進撃を続けている『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』を手掛けたイルミネーション。
破竹の快進撃を続け、今最も世界に注目されているアニメーション・スタジオが、『SING/シング』以来7年ぶりの完全オリジナルストーリーで贈る最新作『FLY!/フライ!』が、2024年3月15日(金)に全国公開されることが決定しました。

この家族、渡り鳥なのに、一度も移動したことがない!?

『FLY!/フライ!』は、渡り鳥なのに一度も移動をしたことがないカモの一家の初めての大移動を描きます。
没入感たっぷりの圧倒的な映像美、そしてワクワクドキドキの旅の中で育まれる家族の絆とそれぞれの成長。魅力あふれる個性的な一家の大冒険を、笑いと感動で包み込む心温まる物語が誕生しました。

場面写真では、これから家族に待ち受ける初めての大冒険に向けて決意と覚悟が決まった表情で真っすぐに正面を見据えるカモ一家それぞれの姿が映し出されています。
果たして、およそ3000キロにも渡る長い旅路の先にはどんなハプニングや出会いが待ち受けているのでしょうか?新作を発表する度に子供から大人まで世界中のファンを虜にするイルミネーション待望の最新作の続報に今後ともご注目ください。